私たちが考える「良いメロン」とは。
それは、「技術と感性の集大成」。
メロンの美しい網目は非常に繊細な管理によって生まれ、
それは、果実の味にも反映し「美しい」は「美味しい」を創り出します。

大切な場面に選ばれて、食べていただき喜んでもらえるもの、
食べた時、生きていてよかったと思っていただけるメロンを沢山作りたい。

人間力を高めながら知識や技術を学び、
メロン栽培にやりがいと誇りを持てるような人材を育てたい。

先人から継承した技術を更により良いものにするために情熱をもって追求し続ける、
農業のやりがいや魅力を社会に伝えられるような
メロン栽培のスペシャリストになり続けたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。