最終的には1本のツルに1玉だけ残します。そこに栄養と愛情が集中、これがブランド名〈一果相伝〉の由来です。